2009.10.26

・・・ヨカッタ。(;∇;)

先週はちょっと忙しくてバタバタしていました。
そんな中、ホッと胸をなでおろすことが。。。('-'*)

こうすけの歯茎(右下の奥の方)にプクッと膨れているところがあるのに
気が付いたのが6月の中旬頃でした。

大きさは8mmぐらいで、ネットで調べたらエプリスという良性の腫瘍のような感じ。
いつも行っている病院で診てもらったところ、
「たぶん、エプリスだと思いますが、はっきりしたことは細胞検査をしてみないと
分かりません」とのことでした。
3ヶ月ほど様子を見ていたけど、まぁ特に大きくなるとか出血するとか変わった様子はナシ。
でも、見かけはエプリスでも悪性の場合もあると知り、急に心配になってきて。。。

心臓の検査をしてもらっている麻布大学付属動物病院の内科で細胞の検査してもらうことに。
検査では鎮静剤を使って、糸で縛って膨れてる部分を取り、そしてレントゲンも撮るとのことでした。
心臓肥大があるこうすけは、その前に循環器科で心臓の検査もしてもらい、
「今は安定している状態で鎮静剤を使っても大丈夫でしょう」とのことで、検査しました。

鎮静剤は軽いものなので、薬を使っての検査から数時間後には元気になるでしょうと言われていたのに
検査直後に「歳が歳なので、今日の夕方ごろまではぐったり寝てるかもしれません」と言われ、
本当にただただひたすら寝てました。大好きなササミもおやつも全然食べない。。。(;д;)
結局は翌日の夕方までぐったり辛そうに寝てました。
・・・たまに脚がプルプル震えてたし、あのまま、死んじゃうかと思ったほどです。

薬が抜けた(と思われた)ら、急に元気になって食欲も復活したので、
本当に涙が出るほど安心しました!!
(この時は、こうすけが元気になっただけで検査結果はもうどうでもいいかな~みたいな気分でした。)

で、検査から10日が経ち、病院から連絡が来たのが先週の金曜日。
結果、良性でした~♪♪あ~~~ヨカッタ!!!!!
悪性だったら、あごの骨も切らないとダメとか言われてたんです。。。

それにしても、歳をとると検査をするのも考え物だなぁ、なんてつくづく思ったのでした。


091026a.jpg
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://banakoudiary.blog6.fc2.com/tb.php/1028-0859fe0f
この記事へのトラックバック