2011.06.29

***

先週、闘病中だった父が73歳で他界しました。

葬儀には父と母の親戚が福島と北海道からたくさん来てくれて・・・
本当にありがたかったです。
生前親しくして頂いたみなさんに見送ってもらえて、
父も喜んでくれたと思います。

普段なかなか会えない親戚のおじ、おば、いとこたちと
たくさん父の話が出来たので、わたしも心が慰められました。

遺影は、2年前に一緒に公園に行った時にわたしが撮った写真にしました。
お花をバックにして笑っている父です。

棺には、二世帯住宅で一緒に過ごした10年間の思い出の写真をたくさん入れました。
みんなでバーベQしてる写真、夏の夜にデッキで花火をしてる写真、
GWにデッキを塗り直している時の写真、お正月の写真。
そして、こうすけの写真も入れました。
わたしとダンナがあげたお気に入りのピンクのシャツを着て、
弟夫婦からもらったダンディーな紺色の帽子を持ち、
たくさんのお花に囲まれて、母からの手紙を携え、荼毘に付されました。

葬儀がすんだ今でも、父が亡くなったことがまだ半分信じられなくて
1階に下りて行けば、いつもの席に座ってるような気がします。
帽子をかぶって、玄関から「ただいま」って帰って来る気がします。

父が亡くなってから、たくさん泣いたし、
ふと思い出にひたって、ぼーーーっとすることもあるけど、
しっかり食べて、しっかり寝てるので、わたしもダンナもこうすけも元気です。
母も元気にしています。
母には父の分も長生きしてもらって、これから親孝行してあげられたらと思います。

こうすけはお通夜と葬儀の日は、家でお留守番を頑張ってくれました。
が!父にお供えしたパンを早速盗み食いしてくれて、油断できません。

ブログはもう少し落ち着いたら、ぼちぼち復活したいと思います~。 

 
関連記事